時間が無くても色々できる、幼児向け早期教育について

>

時間が無くても可能な教育について

時間が無くてもできる早期教育

興味深いデータがあります。
東大生の親の年収を調査した結果、年収450万円以下の家庭の学生が13%ほどいることが分かっています。
東大生の親の平均年収は1000万円以上などと言われている中、これは「必ずしも、親の年収が子供の能力と比例はしない」ということを示しています。
東大に入学できるような子はほぼ例外なく「賢い子ども」ですが、その賢さを育てるにはどんな早期教育があるのでしょうか。
具体例としてはことば遊びの絵本やテキストで言葉自体の理解力や読解力を深めたり、折り紙で指先と脳を刺激したり、親子で料理をして脳を刺激したり、などです。
また、単に一緒にお出かけする時にも街の色んなモノを教えてあげたり、なども挙げられます。

各種の情報を集める参考サイト

前の項目で挙げた、お金を掛けずにできる早期教育ですが、ひとつ、共通しているモノがあります。
それは「親も一緒に楽しむ」ということです。
早期教育については、親が子供に過度のプレッシャーを与えたり、(子供に適性や興味が全くないにも関わらず)無理矢理ルートを決めてしまうことがいちばんあってはいけないことです。
そのため、親も楽しむと言う点を忘れないようにしましょう。
さて、こうした幼児教育に関してですが、教室を探すと言うことでしたら「幼児教室どっとこむ」が参考になります。
首都圏の幼児教室を全体的に網羅しており、条件検索も簡単です。
また「ベネッセ教育情報サイト」は、幼少時から大学受験まで、総合的な子供の教育についての様々な専門家のコラムや情報、子育ての役立つ情報なども掲載されており、子供に対して早期教育を行う場合、目を通しておいてほしいサイトです。


この記事をシェアする